読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルミナ・ブラーナ

歌詞(ラテン語)・日本語訳(意訳)

O Fortuna,
velut Luna statu variabilis,

おお運命の女神よ
移ろう月の如く

semper crescis aut decrescis;
vita detestabilis
nunc obdurat et tunc curat
ludo mentis aciem;
egestatem, potestatem,
dissolvit ut glaciem.

汝は常に満ち欠けを繰り返す
情け容赦無い忌むべき世界
感情のおもむくがままに
競争 貧困 権力
氷の如く溶けていく

Sors immanis et inanis,
rota tu volubilis,
status malus, vana salus
semper dissolubilis;
obumbrata et velata
mihi quoque niteris;
nunc per ludum dorsum nudum
fero tui sceleris.

破滅 粗暴 虚無
揺れ動き 定まることなし
恩恵なきままに消え行くのみ
影に潜みベールに覆われ
重く圧し掛かり来る
汝の邪(よこしま)なる戯れに
今や顕わなる背後を晒すのみ

Sors salutis et virtutis
mihi nunc contraria;
est affectus et defectus
semper in angaria.
hac in hora sine mora
cordae pulsum tangite!
quod per sortem
sternit fortem,
mecum omnes plangite!

繁栄と美徳は我が身には遠く
運命の為せる業にただ従うのみ
今こそ弦を鳴らせ!
幸運により刺客は滅ぼされん
皆で哀歌を歌い上げるのだ!

私と神との同一性を、具体的にどう体験するのだろう。私はそれを自分自身の徹底的な絶望において体験する。それはー逆説的なことにー信仰の喪失を含む。一見神に見放され、絶望に追い込まれ、絶対の孤独に投げ込まれたとき、十字架上のキリストに自分を同化することができる(主よ、あなたは何故わたしを見捨てたもうたか)。人と神との同一性、神に捨てられたというわたしの個人的な体験が、こうして父なる神によって捨てられたときのキリスト自身の絶望に重なる。(快楽の転移   スラヴォイ・ジジェク