読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サタンの苦悩、人間の業

youtu.be

「ああ、わが思いよ、わたしをどこへ引っぱって行こうとしたのだ?わが思いよ、お前はなんという甘美な力で私の力を圧し、酔わせ私がここへ来たそもそもの動機を忘れさせようとしたことか!ここへ来た動機は憎しみでこそあれ、愛ではなかったはずだ。地獄の代わりに楽園を求めんとする願いでも、ここで悦楽を味わいたいという願いでもなく、破壊する悦楽以外のすべての悦楽を破壊したい願いであったはずだ。破壊以外に、いかなる喜びも今の私にはない。とすれば今微笑みかけているこの好機を逸してはならぬ。見るがいい、あの女はあらゆる誘惑に身を曝して平気で独りでいる。見たところ、彼女の夫はこの近くにいないらしいが、実は彼の秀でた心をーそして、大胆な精神と、土塊から造られたとはいえその雄々しい肉体とから迸り出る彼の力を、私はむしろ避けたい。彼はまさに恐るべき相手であり、傷を負うことを知らぬ不死身の敵なのだ。だがもはやわたしは違うー地獄のためにこの身は汚れ、苦痛のために衰え果てて、もはや天国にいた時のわたしとはわけが違うのだ。それにしても、彼女の美しさは神々の愛人にふさわしいほどの神々しさだ。だが私は恐れぬ、愛と美には、それよりも強い憎しみを持って、巧みに装った強い憎しみをもって近づかない限りは、他人を畏れさせるものがあるとしてもだ。愛を装った憎しみ、そうだ、彼女の破滅を求めて私がとる道は、それ以外にはない。」

ジョン・ミルトン失楽園」より)

「妬み」と神に対する「復讐」…何とかしてお前をも誘惑して神から引き離し、神に服従するのをやめさせようとしている。幸福を失わせることによってお前にも同じ刑罰を、永遠の悲哀を味わせてやろうという魂胆なのだ。

f:id:humpbackwhalex:20161214042728j:plain